top of page

娘の誕生日によせて

今朝は雪がうっすらと積もりました。2月に入り「立春」を迎えて春の訪れを感じるこの時期、毎年大切な家族のイベントがあります。

私の娘は二十数年前の今の時期に生まれました。妊娠中は順調で産休に入る直前まで仕事をしていました。ところが41週になっても生まれる気配がなく陣痛促進剤を使用して臨んだ出産過程で、異常に気が付いた産婦人科医の処置を受けた時すでに遅く、すべきではなかった吸引分娩術のあとに、緊急帝王切開によって取り出されたときには息をしておらず救急車で近隣のNICUに運ばれました。


その出産経過は凄まじいもので、初めてのお産であったにもかかわらず、‟この子は普通の状態で生きることは難しいだろう”と直感的に悟ったのです。その後、重症貧血と意識混乱の中で送った産後の入院生活の中ですでに仕事を辞して育児に専念する覚悟を決めていました。


最初、保育器の中で過ごした娘は身体的には健康に見え、ぽっちゃりして澄んだ目を輝かせて、生まれ落ちたばかりの世の中を冷静に観察しているような、親の目から見ると言わば「賢そうな」赤ちゃんでした。しかし、受けた脳の損傷のためにてんかん発作の症状が出現し、MRIによる検査で深い脳の損傷を受けていることが分かり、新生児仮死、低酸素性脳症と診断されました。


飲み込みの悪さや発達の遅れが徐々に表れて、専門医療と専門教育を受けて育ちました。娘の子育てを通じて、沢山の数えきれない人々のお世話になり今があります。


体をつっぱらせるしかなく、眠れない、飲み込めない、食べられない、泣くしかないという娘の子育ての中で家族ともども疲弊していた時に出合ったのが、プラニック・ヒーリングでした。娘の身体を楽にしたり、体の不自由さからくる不安や不眠を軽減してやりたい!と1泊を伴う時間を作るために、一般の人に頼めないような医療行為を伴う世話を家族に託してヒーリングを習いに出かけました。



そういった経験や必要上の知識のせいか、よく医療関係者に間違われるのですが、実際には医療資格のない私でも自分でできる簡単で実用的な施術法を探していた当時の私にとって、チョー・コクスイ大師のプラニック・ヒーリングはものすごく画期的でした。特段エネルギーを感じる敏感さがあったわけではない私でも「教科書」を開いて行えば結果が出せるのですから、面白くもあり、やりがいもあり、夢中でレベルⅠ、Ⅱ、Ⅲ、Ⅳと次々に学び進めていきました。


2歳の時に1年に3回も気管支炎で入院した娘は、ヒーリングによってその後20年ほど入院をしなくて済んだのも事実です。その時々で医師達から提案のあったいくつかの外科的な手術は、結果的にどれも選択することなく、できるだけ自然体でいられることを大切にヒーリングで対処しながら、これまで様子を見てきました。


ぜいぜいと痰を絡ませてしまうときや、発熱症状が出たときには、すぐにジェネラル・スイーピングを行い、血液浄化で肺のクリーニングを行いました。腹痛や便秘などの胃腸の問題や、てんかん発作が出たとき、ちょっとした怪我をしたときなども勿論使うことができました。遠隔ヒーリングを用いることも少なくありませんでしたし、今も継続しています。


そうやって子育てに少しずつ余裕を持てるようになったときに、さらに進んだコースを学ぶために海外でのみ開催されるコースにも参加したいと思うようになりました。仕事をしながら家事と子育ての分業を担ってくれる夫、孫の世話と私に学びと休息の時間を与えてくれるため実家の母が定期的に県外から手伝いに来てくれました。夫の両親もいつも心を寄せて、老齢になっても自分たちの生活を自立したものであるよう努めてくれています。


結果として、プラニック・ヒーリングを習って一番の恩恵を受けたのは自身かもしれません。普通ではない子育てによる睡眠不足や身体の疲労、娘に対する母親としての責め、あの時ああうればこうすればという後悔や悔恨、将来的な絶望感など、じつに感情的に不健康な状態にあり、ストレスに満ちていたのです。



日々のツイン・ハート瞑想の実践は、そのような自己の状態に気付かせてくれ、静けさと平穏を体感し「いまここにいること」「あるがままにあること」の大きな恩恵と幸福感と感謝を感じられるようにもなりました。過去をむやみに振り返ることも、未来を憂えることもなく、いまここにいること、ここにあることの素晴らしさと意義。淡々と日々を生きること。感情的に右往左往することが減り、思考できるようになりました。これは、瞑想そしてヒーリングによって得られた多くのことの1つです。


大切なものに出合うタイミングはひとそれぞれでしょう。私にとっては、子供の誕生とそれがきっかけになって、求め続けていたかのような重要なものに出合い、人生が成長と貢献に向かって方向づけられることとなりました。娘の誕生日を迎えるごとに、この大切なことを思い出しています。


娘よ、お誕生日おめでとう。そして関わってくださったすべての方々や存在に「ありがとう」


身体、心、感情、人間関係…人生のさまざまな面を癒やして行きたい人のために、プラニック・ヒーリング®の4つのレベルを提供します。日本で教えられるのは4年ぶり。次がいつになるかは分かりません。貴重な機会に興味のある方はこちらの紹介講座にご参加ください。


ヒーラーズマスタリー紹介ワークショップ↓

https://www.pranichealing.jp/healers-mastery-intro-workshop


閲覧数:29回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page