top of page

茨城(大子)クラス&ワークショップ初開催

山桜と淡いグリーンの新緑の季節、茨城県久慈郡大子(だいご)町にご縁があり、新潟市から電車を乗り継いでかの地に辿り着きました。新潟から上野まで新幹線「とき」、上野から水戸まで特急「ひたち」、水戸から常陸(ひたち)大子駅まで各駅停車の列車での長旅でした。強風による電車の遅れが到着時刻を2時間遅らせることになり、新潟駅に午前8時に着いてから実に9時間の旅程となりました。



プラニック・ヒーリングを教える以外は遠くに旅する時間もない近年の私に、新たな出会いと、旅の楽しみ、何よりプラニック・ヒーリングを教えることができる喜ばしい機会を与えて頂けるすばらしい4日間となりました。



初めての北関東、茨城でのクラス開催は、大子町の袋田病院の関連施設である地域活動支援センター「メンタルサポートステーションきらり」様において、チョー・コクスイ大師著『奇蹟の径路プラニック・ヒーリング』を2日間で教える「プラニック・ヒーリング」レベルⅠのクラスと3時間のワークショップ2つを開催させて頂くことになりました。初日の一般向けワークショップ開始時間ぎりぎりに到着したものの、きらりの皆様にすっかり会場設営を整えていただき、すぐにスタートすることができました。



初日の「セルフヒーリング・ワークショップ」、翌日の夕方には「人間関係のワークショップ」を行うことができ、沢山のスタッフや町の方々にご参加いただきました。この講習は、プラニック・ヒーリングのマスターであるスティーヴン・コー先生のYour Hands Can Heal Youというセルフヒーリングの本がもとになっているセミナーで、簡単な体操、脳のヨガ、プラーナ=氣のお話、プラーナを感じ方、オーラの自己浄化の方法(ジェネラル・スイーピング)と局所の浄化法を学んでいただき、2日目のワークショップは、人間関係をエネルギーの観点から見た、関係性の癒やし、赦しの技術などをお伝えすることができました。



常陸大子駅前のメンタルサポートステーションきらり様や、袋田病院関連の施設ではたらくスタッフ様や、主として大子町の皆様に沢山ご参加いただき、温かく迎えていただき、興味を持って学んで頂けたことは、本当にうれしいことでした。町の人たち皆様に受容的に学んで頂けて、そしてとても親切にしていただき感謝でいっぱいでした。


翌日からは、メインのイベントとして、他都市からの再受講生もお迎えして、プラニック・ヒーリングの初級&中級にあたるレベルⅠを行いました。身体や精神のエネルギー的な衛生について、オーラやチャクラについて、深い腹式呼吸であるプラニック呼吸の練習、そして、プラニック心理療法の導入ともなる「感情のプロトコル」の練習をとくに力を入れて練習しました。体調が万全ではなかった受講生さんも、最後まで懸命に学んで下さいました。


精神面や体の不調にも有効なツインハート瞑想を行って、大子町全体に大きな光の柱が立ちますようにとお祈りして、3日間の3つのイベントを終えることができました。医療法人直志会理事長の的場政樹先生、お世話になったスタッフの皆様、参加して下さった大子町や他の町からの皆様、ビーガンのお弁当を地元の素材で作っていただきました大子カフェ様、まちやど様お世話になりました。とても美味しい季節の山菜料理もごちそうになりました。本当にありがとうございました。



この度、袋田病院の魅力ある取り組み「森林セラピー」のインストラクター様がレベルⅠに参加してくださったので、森林セラピーの話をいろいろお聞きすることができ勉強になりました。日本でも、大地や森の中でのプラニック・ヒーリングを今後、展開してゆけるのではという可能性を感じています。



アートに力を入れておられることで有名な袋田病院には、「アトリエホロス」という、利用者様とその方々を支えるスタッフの方々が素晴らしいアートの取り組みを成されており、見るものすべてが美しく視界に飛び込んでくるような空間となっています。建物の建築にも芸術的な工夫がなされており、一人一人にあった創作意欲に応えるようなつくりになっています。アートや創作の喜び、情熱を持って活動すること、魂が喜ぶ活動など、生きがいをもって通える場であると感じました。





自立訓練(生活訓練)事業所アミーゴ荘と、アミーゴ牧場では、黒毛和牛の飼育を行っており、たくさんの牛が大切に育てられていました。生き物の飼育を通して命を見つめることができる場でもあり、自然との共生や循環をしっかり考えられた仕事の場でもあります。理事長や施設長さんの説明をお聞きしながら、大子町を通して、自然や、経営、経済、日本の将来についても考えさせられる特別な時間となりました。





大子町の皆様、袋田病院と関連施設の皆様、こちらに導いていただいた大いなるすべてに感謝しつつ、また皆様にお会いできる機会がありますことを願っております。本当にありがとうございました。


医療法人直志会 袋田病院


最新記事

すべて表示

ความคิดเห็น


bottom of page