プラニック心理療法®日本開催

更新日:6月3日

プラニック・サイコセラピーともプラニック心理療法®とも呼んでいるマスターチョー・コクスイの心理療法があります。これは、レベルⅢとして位置づけられており、色のついたプラーナすなわち気のエネルギーを心理的な病気を処置する方法を学びます。心理的・感情的な問題が不調や病気の源になっているケースは決して少なくありません。


このヒーリングの癒しのエネルギーはとても素晴らしい力があります。もし打ち明けたくないことがあればそれをヒーラーに話す必要はありません。ただ受容的になってヒーリングを受けるだけで良いのです。


このクラスは2019年に東京で開催されました。次回の企画・開催の際にはこちらのウェブサイトのイベントページにてご案内します。


感情、精神のバランスをとるプラニック心理療法


プラニック心理療法®は、感情的また精神的なアンバランスを緩和して癒やすプラニック・ヒーリング®の応用技術です。ネガティブな感情やトラウマは、本質的にはオーラの内部や不安定なエネルギーセンターの中に留まっているネガティブな想念形体や感情的なエネルギーが要因になっています。これらのエネルギーは、伝統的な心理療法では、いくらかの改善を感じるために時には数ヵ月あるいは数年さえも要するほど厄介なものですが、プラニック心理療法®では、これらの有害なエネルギーパターンを速く安全に解き放つ力を身に付けます。


プラニック心理療法®では、影響を受けているチャクラからエネルギーを抽出する高度な技術を学びます。、恐怖症、強迫観念、依存症は非常に短期間で緩和されるでしょう。しかし、おそらく最も重要なことは、患者が打ち明けたくない個人情報を明かすことなく心理療法を行うことができることです。初回のセッションで、恐怖症が70~90%消失することも珍しくありません。実際、授業の時間には、パートナーが抱えている現実の感情的な問題を完全に取り除くためにベストを尽くすよう、受講生に勧めています。


具体的な講座内容の紹介


・緊張、いら立ち、深い悲しみ、不安な時に行うセルフ・ヒーリング法 ・チャクラの内部の保護膜の傷や裂け目を修復して侵入に備える ・幼少期に刷り込まれた成功を阻むネガティブなプログラムの浄化 ・不安発作、不安障害、経済的破綻の要因となるサイキック・アタックの影響に対するヒーリング ・自身のチャクラ、オーラ、持ち物を守るためのシールド技術 ・対人関係におけるネガティブな影響(妬み、しっと、怒りなど)を取り除く ・強迫行動、恐怖症、喫煙、アルコール、ドラッグ、食べ物、砂糖 などの依存症、認知症、うつ病などの問題のネガティブなエネルギーやパターンを抽出し、崩壊させる。 ・その他 受講の前提条件:プラニック・ヒーリング®レベルⅠ

閲覧数:30回0件のコメント

最新記事

すべて表示